取引事例のご紹介

ケーススタディ ~翻訳の現場から~

Retsch GmbH 様
全製品シリーズの取扱説明書の翻訳

[arai_postintrobox bgcolor=""]

お客様の声
「Translation Service S. Arai の素晴らしいところは、その入念かつ緻密な仕事ぶりです。言葉を右から左に置き換えるだけにとどまらない、細かい配慮を感じます。例えば、整合性に欠ける箇所が原文にあれば、それについて細かいフィードバックを返してくれるので、当社のドキュメンテーション全体の品質向上につながっています。これほど丁寧で正確な仕事をしてくれる翻訳会社を他に知りません。」

(テクニカルエディタ/製品開発部)

[/arai_postintrobox]

当社では10年ほど前から翻訳をTranslation Service S. Araiに依頼しています。凍結粉砕器「クライオミル」を日本市場に投入した際に、取扱説明書の翻訳をお願いしたのが始まりでした。当時の担当者は「あたかも製品を見たかのような適切な訳」とコメントしており、新井さんになら安心してお願いできるとの確信を深めました。そして、実際に製品を新井さんに見てもらう機会が訪れます。日本の現地法人の技術者がドイツで研修を受けた時に、彼女に通訳をお願いしたのです。その際に当社のラインナップ全体を概観し、作動原理を学んでもらったことが、その後の翻訳にも多分に活かされていると感じています。 例えば原文に整合性に欠ける箇所があれば、それを細かくリストアップし、注釈を加えてくれるので、大変助かります。 Translation Service S. Arai の協力を得て、日本語でもユーザーフレンドリーな説明書類を整備することができたと考えています。そして、そのことは当社が重視する日本市場における事業発展に役立つものと確信しています。

 


レッチェ(Retsch GmbH/ドイツ)は理化学分野における実験用粉砕機、粒度測定器を扱うグローバルカンパ ニーです。分析用前処理機メーカーとして100年以上の歴史と経験を誇ります。日本では2014年、社名をレッチェからヴァーダー・サイエンティフィック 株式会社に変更し、より幅広い製品とサービスを展開しています。